国志夢走

Visionを描き、自身の仕事や人生に誇りを持った人であふれ返る国をつくりたい。「みんながプロフェッショナルに出演できる」そんな社会が理想です。

【ナミビア⑤】世界一美しい民族ヒンバの村へ!

リアルタイムはパラグアイ

ボリビアが大統領選挙の影響で暴動が起こっていて、パラグアイとの国境が閉鎖されているとのこと。おかげで旅程は大幅に狂い、アルゼンチン→チリ→ペルーというルートで旅することになりそうです。

 

毎日夜行バスはしんどいなぁ...頑張ります。

 

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、ウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

 

オプウォのテントサイトで気持ちの良い目覚めを迎えた。

昨晩は珍しくぐっすり眠ることができた。

 

疲れていたのもあるが、尾骶骨の部分の地面を少し掘って穴をつくると快適になることがわかった。

 

朝日を眺めながらテントを畳む。今日も新しい一日の始まりだ。

f:id:naoki9918:20191107111133j:image

さてはるばるオプウォに来た目的は、ヒンバ族と出会うためだ。

 

ヒンバ族は最近話題の『クレイジージャーニー』でも取り上げられたことのあるナミビア北部に暮らしている民族で、生涯水浴しない、赤土を体に塗りつけるなどの特徴を持っている。

 

 

彼女たちの村はどこにあるのかわからない。なので、ガイドを通じて訪問する必要がある。

 

先人のブログによると、オプウォのOKマートの近くにヒンバ族の出店があるらしく、そこでガイドと出会えるとのこと。

 

"エリザベス"という名前の恰幅の良いおばさんにお願いしたとの記事が多かった。

 

大抵前日に見つけて頼んでおくらしいが、僕らにはその時間はなかった。

 

朝一で飛び込みで捜索を開始した。

聞き込みしたところ、一人の男がやってきて案内してくれるとなった。

 

どうやらヒンバ族の男らしい。男は普通の服を着ている。

労働は基本的にせず政を担うそう。

 

値段を聞いたところかなりふっかけてきて、交渉に応じる気配もなかった。

一人当たり600ナミビアドルとか言ってたかな...あり得ない。笑

五人合計ででもおかしくない。

 

横柄で不愉快...お土産として現物支給でお礼を持っていくのがヒンバ族訪問の一般的な形だ。

その相場は調べていたのだが、それも大幅に上回ったものを要求された。

 

自分の村に入るからかなり要求したのだろう。

 

 

彼の申し出を断り、別の人に安く頼むというと、どうぞどうぞ〜って感じですぐ引いた。これまた少しムッとする。

 

 

少しした後、結局アリスという女性のガイドを見つけることができ、良心的な値段で頼むことができた。アリスを待ってる間もさっき交渉したおじさんに出会って、「ノープロブレム?」と聞いてきてまた鬱陶しかった。

 

ああ大丈夫だよ、と努めて平静を装ってあしらった。プライドだ。

 

 

助手席にアリスを乗せて、後部座席に四人つめて乗りこむ。ヒンバの村へ出発だ。

ハードな道を進んだ上で、途中脇道に逸れていくと村が現れる。

 

 

アリスがヒンバ語を操って説明をしてくれ、交流が始まる。

着いて驚いたのだが、この村にはヒンバ族以外に、デンバ族、ヘテロ族の三部族が共同で生活していたのだ。

f:id:naoki9918:20191107111314j:image

ヒンバ族以外に他の部族がいることは聞いていたのだが、一緒の場所で暮らしているとは思いもしなかった。

 

一気に三部族すべてと交流できたのは嬉しい誤算だった。

 

簡単にそれぞれを紹介する。

まずはデンバ族。

f:id:naoki9918:20191107111419j:image

彼女たちはヒンバ族同様上半身は裸。髪を黒い土で固めて、カラフルな装飾をつけている。

 

 

そしてヘテロ族。

f:id:naoki9918:20191107111444j:image

彼女たちは派手なドレスを着ている。頭の帽子は細長い棒のようなものを包んで形成されている。

 

 

そしてヒンバ族。

髪の毛は赤土で固めている。

f:id:naoki9918:20191107111553j:image

やっぱりかっこいいな...

 

アフリカの民族訪問系は、お金をいちいち要求されたりとビジネス感が強くてがっかりした...なんてことが結構増えている。

 

だが今回はありのままの生活を見せてくれたし、お金もせがまれなかった。

 

「モロ!」、「ペリミ?」「ペリナワ!」と彼女たちの挨拶を交わすと喜んでくれる。

 

 

子供達は可愛く、サングラスをかけるお茶目な姿も見せてくれた。

f:id:naoki9918:20191107111626j:image

おうちはこんな感じ。

牛の革でできた衣服や土でできた食器などが置かれていた。

f:id:naoki9918:20191107111643j:image

水浴の代わりに煙で体を清めていて、その後赤土と牛脂を混ぜて体の塗料を作っていた。

f:id:naoki9918:20191107111658j:image

僕らにもつけてくれて、すっかり顔が真っ赤になった。

 

これで僕もヒンバだ。

f:id:naoki9918:20191107111813j:image

塗り終えて出てみるとみんなが円形になってお土産を売っていた。

お礼にいくつか買い物をすることにした。

f:id:naoki9918:20191107111730j:image

最後にお土産を置いてお別れ。

ちゃんと公平に分配していたのが印象的だった。

f:id:naoki9918:20191107111747j:image

ポテチを僕らにまでまわしてくれて、本当に優しい人たちだなとほっこりした。

 

アリスをマーケットに送り届けて解散。

楽しい時間だった。

f:id:naoki9918:20191107111817j:image

あとはウィントフックへと帰還するのみ。

夕方には帰り着いて、翌朝に車を返した。

 

五日間のレンタカー旅はこれにて終了。濃密だった。

 

 

 ケープタウンへ向けてのバスに翌日乗り込む。

 

 

 

 

 

【ナミビア④】骸骨海岸で難破船と廃墟に出逢う

リアルタイムはパラグアイ

民宿小林さんで毎日、田舎の親戚のお家に泊まってるような日々を過ごしています。

 

早くも和食や美味しい手料理を当たり前に感じてて、慣れるって怖いなぁ。

 

 

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、ウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

 それでは本文。
 
<Day3続き>
ケープクロスへと海岸沿いを走っていると、海に何かが見えた。
ヒラムさんにお願いしてUターンしてもらい近付いてみると、それは難破船だった。
f:id:naoki9918:20191103131812j:image
何年ここに乗り上げているのかはわからない、錆び付いていて、鳥がびっしりと止まっていてやたら不気味だ。
 
その前には骸骨があって一瞬驚いたが、これはオットセイの骨で作られたものだった。誰かの悪戯だろうか。
f:id:naoki9918:20191103131836j:image
波が激しくて気温も低い、天気も悪い。難破船を見るには絶好のコンディションと言える。
 
それから少し走ると目的地ケープクロスに到着。ここはオットセイの群生地で、何万頭レベルのオットセイを観れるという。残念ながらゲートは6時に閉まるということで見れず。
 
とりあえずこのケープクロスキャンプサイトに泊まることとした。1人120,車100。
 
場所はかなり綺麗で良いんだけど、海が近くて寒く、あまり眠れなかった。
 
テントの中で今日の晩御飯を食べる。暗いしなんかひもじいなぁ…
f:id:naoki9918:20191103131901j:image
 
<Day4>
ケープクロスは10時に開くということで、先にスケルトンコーストに行くことに。
朝6時スケルトンコーストに向け出発。
f:id:naoki9918:20191103131919j:image
ゲートの前で開門を待つ。アトラクションが始まるみたい。
ここは入場料が80ナミビアドルだった。毎回ポイントごとに少なくないお金が取られるので手痛い。
 
 
荒い路地を進んでいくと最初の見所ポイントに遭遇。
f:id:naoki9918:20191103131950j:image
f:id:naoki9918:20191103132004j:image
f:id:naoki9918:20191103131959j:image
前回よりも原型をとどめていない船の残骸。
元々は漁船だったのだろう。網やそれを巻くリール、エンジンと思われるものが。
 
 
近くには多分クジラの骨。
f:id:naoki9918:20191103132021j:image
 
あまり時間がない、また車に乗る。
 
 
遠くにメインの見所、工場跡地。
f:id:naoki9918:20191103132110j:image
壁はパリパリに焼きあがったチーズみたい。
f:id:naoki9918:20191103132131j:image
クレーンっぽいけど、元々なんの工場だったのかはわからない。
f:id:naoki9918:20191103132207j:image
文字の跡も見える、ひろむさんが映える。
f:id:naoki9918:20191103132230j:image
 
ケルトンコーストはこれにて終了。
 
ケープクロスへと戻る。
 
昨日は閉まっていたゲートを越えてしばらくいくとオフィスがある。
 
パーミッションをとって進むとオットセイの群れが...
 
 
びっっしり!!!!
f:id:naoki9918:20191103132334j:image
 
ここ、ケープタウンは数万頭のオットセイが生息している。
 
人懐っこいのもいれば、喧嘩してるのもいる。
f:id:naoki9918:20191103132426j:image
f:id:naoki9918:20191103132440j:image
f:id:naoki9918:20191103132413j:image
愛くるしいけど、実は臭かったり、おっさんみたいな鳴き声だったり...
 
 
十字架のモニュメントが二つ。
f:id:naoki9918:20191103132450j:image
ケープクロスっていう名前だから、多分これが大事なものなんだと思う。
 
 
今日の観光はここまで。これから北の端、オプウォに向かう。
かなり遠いので、ドライバーのお二人には負担をおかけしちゃう。
 
 
ナミビアには自分の車でサファリができるエトーシャという場所がある。今回はみんなサファリ済みだったのでスキップした。
 
だけどオプウォに行く途中、エトーシャの敷地をかすめていたようで...
 
f:id:naoki9918:20191103132522j:image
道路脇にキリンがいた。
 
いやあ、やっぱアフリカすげえな...五日間でゾウには合わなかったけれどイノシシとか鹿とか野生動物に遭遇した。
 
見とれる時もあるけど、事故らないか心配...って感じ。
 
 
夕日が綺麗で、
f:id:naoki9918:20191103132608j:image
夜は星がたくさん見えた。残念ながら写真には映らない。夜景は直接見た人だけの特権だなぁっていつも思う。
 
暗闇を慎重にオプウォに向かっていたら、途中おじいさんが不用意に飛び出してきて危うく衝突しかけて...あの時はひやっとした。本当に。
 
でも無事にオプウォに到着。
 
地元の食堂でチキン&チップスを注文。バレーボールの大会で優勝した若者が打ち上げみたいなことをしてた。
 
You are champion!って言ったら喜んでた。
 
それからキャンプサイトに宿泊。
 
翌朝は最終日、ヒンバ族にあってからウィントフックに戻る予定!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ナミビア③】「月面世界と千年」

リアルタイムはパラグアイの日本人村へと向かっています。

この村ではスーパーで納豆が買えたりするらしい...胃袋を掴まれて沈没する未来が見えます。笑

 

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、ウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

<Day3>
早くも3日目。今日が折り返し。
 
モカさんはスカイダイビングに。男4人は月面世界と千年、フラミンゴを見ることに。5時ごろには合流して、次のオットセイの群生地ケープクロスを目指す。
こんな感じの予定だ。
 
朝11時、ゆっくり出発。久々にバタバタ早朝出発じゃないのは嬉しい。
 
まず目指すは月面世界。地図上にはmoon landscapeと書かれている。
スワコプムントからすぐそば。悪路だけれど30分もしないで到着した。
 
月面かどうかはわからないけれど、確かに不思議な景色。
ここに放置されたらすぐ飢え死にすると思う。
 f:id:naoki9918:20191101114420j:image
せっかくなのでもう少し近づいてみる。
地表には流水の跡があった。この無数にある丘は水の侵食でできたのだとわかった。
 
近くに来ると月面感は少し増した。
f:id:naoki9918:20191101114448j:image
 
どう?これでもうーんと言われそうなのでさらにそう見えるように加工してみる。
 
 
これなら月面世界でしょう、うん。異論は認めない。笑
 f:id:naoki9918:20191101114543j:image
 
ちなみにこの背景だと車も映える。
CMに使われてもおかしくないと思う。いすゞさん、買い取ってくれませんか?笑
 f:id:naoki9918:20191101114607j:image
次に向かうは千年。
千年の解説をすると、あたり一帯に千年以上生きる植物が生息しているのだ。
生きた化石とも言われている。
 
名前はウェルウィッチャ(?)で、和名が奇想天外という。
確かにこの過酷な砂漠の環境で千年以上生きるのは奇想天外だ。
 
 
こいつが千年。
 f:id:naoki9918:20191101114631j:image
車で走っているといくつか見かけた。砂漠にへばりついてるワカメみたい。
 
木みたいな部分もあったり、雄しべと雌しべがたくさんついていたり。なんとなく古い生き物なんだなって感じがわかる。
 
まあ地味っちゃ地味だ。でもそう一刀両断するのは少し待ってほしい。
 
柵に覆われて保護されているボスがいたのだ。
 
とにかくでかい。年をとるほどこの植物は大きくなるという。
 
f:id:naoki9918:20191101114707j:image
f:id:naoki9918:20191101114657j:image
 
なんとこいつは千五百年生きてるそう。
ちっちゃいのをいっぱい見た後でこれをみると、少し感動する。
 
ここでぽつんと一人千五百年も何を考えていたのだろう。聖徳太子よりも昔からずっと存在しているのだ。
 
 
みんなでその歴史の長さに想いを馳せていると、一台の車がやってきた。
 
「おお、君も見にきたのか!すごいよねこの大きさ。歴史の重みを感じ…」
僕らと話すことも車から降りることもせず帰っていった...
 
 
やっぱりあまりみんなこいつに興味ないのかもしれない。
日本みたいに歴史の長い国じゃないとこの良さはわからないんだ、なんて冗談を言って僕らもここを後にする。
 
 
次は昨日行きそびれたウォルビスベイのフラミンゴを見に行く。
フラミンゴは臆病で、近づくと小走りで遠くに行ってしまう。
 
写真を撮るのにいい頃合いになるかなと思ったらそそくさと離れてしまうのだ。
これがなんとももどかしい。
 f:id:naoki9918:20191101115054j:image
 
フラミンゴの群れにもうすぐ近づけるというところで、ローカルの子供達が犬をけしかけて飛び立たせてしまった。
 
「おいおい、やめてくれ!待って!あと1分待って!近くに行くから!」
僕らの主張も虚しく、フラミンゴは遠い浜に飛び移ってしまった。
 
不愉快だったけど、ローカルの彼らは満足げですごい楽しそう。
その楽しそうなのが余計にムカつく…コントみたいで面白いかったからいいけど笑
 
 
スカイダイビングを終えたモカさんと合流して、次の目的地ケープクロスへと向かう。
 
 
 
 
 
 

【ナミビア②】死の沼デッドフレイは、まるで世界の裏側に迷い込んだよう

リアルタイムはアルゼンチンはプエルトイグアス。

世界三大瀑布のイグアスの滝近くの町です。ビクトリアフォールズの興奮がまだ記憶に新しいので、比較できたらなぁと思います!

お楽しみに!

 

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、ウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

 
<Day1>
カメレオンバックパッカーズの豪華な朝食を摂った後、りゅーさんとヒラムさんが車を取りに行ってきてくれた。
初っ端にガコンっとエンストを一発かましてから、ドライブスタート。
 
スーパーで明日の朝食くらいまでの食料を買い込んでからセスリムに向かう。
バナナとパン、5Lの水etc...何がいいか考えながら食糧を買い込んだ。
 
みんなの買い物袋を後ろの荷台に放り込む。まるでこれから一家で夜逃げする見たいだ。
 
f:id:naoki9918:20191101113044j:image
10:30に買い物を済ませて出発。初日はセシリムを目指して進む。
 
道路は綺麗に舗装されている。本当に何にもないところに一本綺麗に道路が敷かれているのだ。
交通量も少ないし、快調に飛ばせる。
 
来るまでは公共交通機関がなんでないんだよ!って思ってたけど、道路敷いてくれてるだけで感謝しなきゃなって思った。
 
途中トイレ休憩で前後に気をつけながら、道路に立って写真を撮ってもらった。
f:id:naoki9918:20191101113114j:image
これでも十分道の感じが伝わるだろう。
 
14時前にガソリンを半分補給。燃費はそんなに良くなさそう。
 
 
しばらくは舗装道路が続くが、途中から未舗装になる。
 
岩が目立つ土地になったり、赤土になってきたり。霞ながら山が幾重にも連なっている景色も見た。いろんな表情を初日のドライブから見せてくれる。
 
セスリムのキャンプサイトに到着。18時ごろ。
なんと綺麗な虹のアーチがお出迎え。さすが高いだけあるわ...

f:id:naoki9918:20191101113212j:image 
 
キャンプサイトにテントを立てて急いで夕日を見るために砂丘に行く。
f:id:naoki9918:20191101113232j:image
 
ダッシュして砂丘を登坂。なんとか沈み切る前の夕日を捉えるも曇り。
 
f:id:naoki9918:20191101113317j:image
Dune45から夕日を拝めたら、真っ赤に染まった砂丘を観れたはず。もう少し到着が早ければなぁ...
 
 f:id:naoki9918:20191101113341j:image
このキャンプサイトは350ナミビアドルとるだけある。
共有スペースの建物はしっかりしてて、生ビールも飲めた。
 f:id:naoki9918:20191101113412j:image
f:id:naoki9918:20191101113407j:image
 
朝にスーパーで買い込んだ食料を各々が食べる。僕はピザとバナナ。バナナは本当に優等生。安いし腹持ちいいし、食べやすい。
 
夕飯を済まして戻ってきたら二つテントが壊れていた。僕のは無事だった。
 
夜は強風。風で飛ばされるんじゃないかって怯えながら寝る。ペグをいつもより入念に刺した。登山家のピバークはもっと恐ろしいのだろう。
 
自分の体を重石にする感じで寝た。3,000円のテント、頑張ってくれよ…
 
 
<Day2>
5時前に起床。今日も朝早いです。
デッドフレイへ行けるゲートの開門が5:30で、スタートダッシュを決めるためだ。
りゅーさんはテントのチャックが閉まらなかったらしく砂だらけになって寝たそう...お気の毒に。
 
でも一応みんな無事に昨晩を乗り切ったようだ。
 
開門とともに出発。デッドフレイの手前の大砂丘Dune45から朝日を拝むという人もいるが、我々はそれを通り越してデッドフレイで日の出を狙う。
 
途中からオフロードで、4WD以外は立ち入り禁止の道になる。
f:id:naoki9918:20191101113502j:image
初っ端にいきなりスタック。
後ろの2WD車に乗ってた日本人のおじさんを乗せてあげていたのだが、そのおじさんも一緒にみんなで降りて後ろから押した。
 
朝イチで車も通ってないし、昨夜の強風で砂を被っているから埋りやすいのだ。
一台先行してくれる車がいて(多分ガイドが運転してる)、その後ろをちぎられないように懸命に追いかけるドライブだった。
 
なんとか駐車場に到着。ここからは徒歩で1.2kmほど。
 
空がだんだん白んできた。ひたすら何もない砂漠を歩く。
f:id:naoki9918:20191101113530j:image 
突然白い大地と何本もの枯れ木が出てくる。
 
ここが死の沼デッドフレイ。
 f:id:naoki9918:20191101113555j:image
 
遠近感覚が狂いそうな、どこか不気味で絵画のような景色。
本当なら日が差してきて、砂丘部分だけ照らされるところを見たかったんだけど、雲の仕業でそれは叶わなかった。
 
僕なりに頑張ってみて撮った写真がこんな感じ。
 f:id:naoki9918:20191101113645j:image
絵画っぽいってのが少しは伝わるかと思う。
 
 
唯一無二の景色を見れて大満足。
めちゃくちゃ写真を撮ったので、お気に入りのものを何枚かみてほしい。
 f:id:naoki9918:20191101113737j:image
f:id:naoki9918:20191101113727j:image
f:id:naoki9918:20191101113732j:image
 
その後デッドフレイを取り囲んでいる砂丘に人が何人も登っていたのでチャレンジ。
皆低いところの尾根に出てそこから上がってたのに、僕は垂直に突っ切ろうとした。
 
その選択をすぐに強烈に後悔することになる。
二足じゃ歩けず、這いつくばりながら少しずつ進む。二歩進むだけで息が切れる。
 
みんなからはこんな感じで米粒のように僕が映ってる。
 f:id:naoki9918:20191101113756j:image
5回くらい諦めそうになった。
中腹で写真撮ってたもん、ここで終わってもいいかなみたいな感じで。
 
最後は意地で登った。こと登るということに関しては意志力が強く働く人間だとこの旅でわかった。
 
登りきったこの写真を見てもらえば砂丘の大きさがわかると思う。
f:id:naoki9918:20191101113812j:image
 
見晴らしが良くて素敵な景色だった。
 
 
最後みんなでおもいおもいのポーズで記念撮影
 f:id:naoki9918:20191101113935j:image
楽しかった!おじさんとはここでお別れ。
 
次はDune45という大砂丘へ。
これまた登る。もう今日ずっと登ってる…
 
砂の色は濃い黄色。インドでも砂漠に行ったけどナミブ砂漠の方が綺麗な色をしていて迫力を感じる。世界一綺麗な砂漠だと思う。
 f:id:naoki9918:20191101113950j:image
 
 
景色がピカイチだから、素人の僕でも面白いくらい写真が良く撮れる。
モノクロもかなり映える。CDのジャケットにありそう。
f:id:naoki9918:20191101114014j:image
f:id:naoki9918:20191101114019j:image 
この頃からインスタの投稿が楽しくなってきた。
 
 
セスリムの滞在はここまで。テントを回収して、次の拠点ナミビア第二の都市スワコプムントへと向かう。
 
途中ソリティアという村で休憩。
この村にあるベーカリーが美味しいと有名なのだ。
 f:id:naoki9918:20191101114050j:image
名物アップルパイを注文。ちょうど僕の番から焼きたてがサーブされた。ラッキー。
f:id:naoki9918:20191101114057j:image
 
ホイップクリームをかけてくれるのだが熱ですぐ溶けちゃう。
ボリュームがしっかりあって、りんごの甘みがほのかに広がる。
 
コーヒーとセットで食べるとベストだと思う。
 
ソリティアを出発。
謎の小動物がお見送りしてくれる。エサをくれると思ってるのか人懐っこい。
 f:id:naoki9918:20191101114135j:image
車の近くに来られると轢いちゃいそうで怖いから離れてね...
 
 
道はカーブや高低差が激しくなってきた。
気をつけて運転してもらう。
 
ほんとすごい景色だ。写真じゃ伝えきれない。
 f:id:naoki9918:20191101114213j:image
こういう砂漠ですらmaps.meはview pointが載っているので便利。
 
路肩に止めて風景をもう一枚。
 f:id:naoki9918:20191101114240j:image
ナミビアレンタカー旅の魅力はこういう何気ない通過する景色が全部すごいところにあると思う。
 
 
5時半前、スワコプムントについた。かなり栄えている。
明日の月面と千年のパーミッションをなんとか終了時間ギリギリに取りに行き(一人40だったと思う)、ショッピング。
 
宿はsand castle apartment。エアビーみたいなかんじ。1人1,500円程で快適に泊まれる。宿のオーナーのドイツ人女性が親切だった。頭数いるならすごくオススメの宿。
 
各々が晩御飯を買い込み食べて、明日のプランを簡単に立てて就寝。
wi-fiがサクサクで、写真のバックアップを取ることができた。
 
この休息はハードな五日間を振り返ってみるとデカかった。
 
この日僕は寝癖がつくほど爆睡した。
 
 
次回は月面世界と千年から!
 
 

【ナミビア①】ナミビアレンタカー旅スタート!絶景連発の濃密な五日間の幕開け

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、ウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

ナミビアレンタカー編スタート!

 
 
 
f:id:naoki9918:20191101111537j:image
名前がそんなに魅力的に聞こえないかもだけど、アフリカ縦断で一番楽しかったかもしれない。それくらいよかったのです。
 
今回からそんな五日間ナミビアレンタカー旅の様子を綴っていく。
今後同じくナミビアレンタカー旅をしようという人のためにも、なるべく詳しく書いていこうと思う。
 
本当に楽しかった!!ナミビアは物価が高く、節約してもバカにならない費用がかかる。それでも、出費を上回る価値を感じたので行ったことのない人には是非旅してみてほしい。
 
特にドライブが好きな人には最高だと思う。
僕はこの旅がきっかけでマニュアル免許を取ろうと決めたくらい。車は少ないし、景色は最高だし、”走る喜び”ってやつを体感できるはずだ。
 
 

レンタカー前日

ウィントフックに到着してその日のうちにすぐ準備に取り掛かる。僕は南アからアルゼンチンへのフライトを25日に予約しているのでそんなに時間がないのだ。
 
今日は10/16。明日出発するとして、遅くとも23日のケープタウン行きのバスに乗らなくてはならない。
 
 
最初にするのは日程とルートの相談。
みんなの意見を集めた結果、①絶対にデッドフレイは行きたい、②サファリはもうしてきたから別にしなくてもいい、③日程は五日くらい。
 
これをもとにルートを決め、車を借りにいく。
 
この話し合いも外国人とのレンタカー旅だとかなり骨が折れるだろう。
 
 
この旅の登場人物は僕、もかさん、カイくん、ヒラムさん、りゅーさんの五人。
もかさん、カイくんはタンザン鉄道からずっと一緒。ヒラムさんは実はバンコクで少しだけ会ってた、ボツワナの宿でもお会いした。りゅーさんはキルギスを一緒に旅したヤスくんの友達の先輩で、ヤスくんに繋いでもらった。
 
 
 
車はりゅーさん、ヒラムさんのお二人が予め探してくれていた。hertzでいすゞの4x4SUVマニュアル車を借りることとなった。
丸五日間だから17の朝8時〜22の朝8時。
 
保険はネットで探して自前で加入。ここら辺のややこしいところを全てお二人がしてくれたので本当に助かった。自動車免許も持っていないので運転までしてもらっているんで本当に頭が上がらない。
 
ちなみに車は4WDがいいと思う。四駆じゃないと走っちゃダメなエリアがあったり(デッドフレイのあたりとか)悪路が少なくないからだ。
 
保険も加入したほうがいい。悪路だし飛び石で窓ガラスが割れたり、パンクするリスクは少なくないからだ。
 
車のレンタル代と保険料を五人で割って、一人当たり1万円しないくらいだったと思う。
 
 
 
 
 
次にルートについて。
カメレオンバックパッカーズには大きな地図があったのでこの写真を見ながら、先人のブログの記録を頼りに日程を組んだ。
f:id:naoki9918:20191101111557j:image
実際に走った距離によって変更はあるだろうから予めざっくりと進む順路を決めて、臨機応変にアレンジすることにした。
 
 
以下計画した旅程
◽️初日
→デッドフレイが見られるセスリムまで。ゲートの内側に一箇所だけ宿がある。そこに日没までに入ることができれば、翌朝の日の出をデッドフレイで過ごすことができるのだ。(宿の外のゲートは開門が7時とかで、その開門を待っていると日の出にデッドフレイに行くことができないので注意。)
 
◽️2日目
→午前中にデッドフレイ周辺を観光したのち、北上してナミビア第二の都市スワコプムントまで向かう。道中ウォルビスベイでフラミンゴも見ていく。
 
◽️3日目
→昼頃まで、もかさんはスカイダイビングへそれ以外の面々は月面世界と千年を見てスワコプムントで再び合流。そこからオットセイの群生地ケープクロスまでいく。(月面みたいな景色と、千年以上生きてる植物が見られるので月面世界、千年と呼ばれている)
 
◽️4日目
→スケルトンコーストで座礁船や廃工場を見てからヒンバ族のいる街オプウォまでいく。
 
◽️5日目
→ヒンバ族の村に行って交流をして、ウィントフックまで帰還
 
3日目以降は進捗次第で、ヒンバ族まで行ければラッキーだよねくらいの感じで予定を立てた。
実際多少計画にずれはあったがヒンバ族まで見て帰ってくることができたので、なかなか大成功だと思う。
 
 
これで旅程計画はOK。
次は初日のデッドフレイのテントサイトの予約をしにオフィスまで行く。
ウィントフックにある専門のツーリストオフィスで予約できる。前日ではなかなか難しいらしいのだが、運よく僕らは予約することができた。
 
ただキャンプサイトなのに一人当たり350ナミビアドル(約2800円)というぼったくり価格…
今までの旅で下手すると一番高い!なのにテントってなんだよ。
 
とはいえここに泊まらないと絶景は見れないので致し方ない。テントじゃなかったらいくらなんだろう、恐ろしい。
 
 
これで前日の準備は完了。しっかり寝て明日からの濃密なドライブ旅に備えよう。
...まあ、テント泊なんだけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ボツワナ②】アフリカの大地で弱肉強食を目の当たりにする。地球に生きている実感が湧いた。

リアルタイムはアルゼンチン、ブエノスアイレス

 

初の南米大陸進出!自然の宝庫、絶景の連発、世界一周経験者はみんな一番楽しかったと口を揃える南米。

治安も悪いし、ハイリスクハイリターンな一ヶ月になりそう。

 

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、氷河やウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

 
チョベ川をめぐる水上サファリが始まった。
なかなか水上サファリは珍しいのではないだろうか。水辺の動物を見るにはもってこいのツアーだ。
 
最初に遭遇したのはクロコダイル。岸に上がって日向ぼっこをしている。
 f:id:naoki9918:20191101062652j:image
よく見ると綺麗な模様をしている。
他のツアーの船もいるので、ポジション争いが熾烈だ。
 
一応ある程度待てばどいてくれるときもあるのだが、他の船の動向を見ながら立ち回ることが船長には期待される。
 
初サファリなのでよくわからない生き物だとしてもテンションが上がる。
 
さて、チョベ川にはいくつか島がある。これはナミビア側とボツワナ側に流れる川の境目のように存在している。
 
この島は肉食獣が来ないので(クロコダイルはいるが)、草食動物にとっては楽園なのだそう。
 
その通りで遠くに象の群れを見つけることができた。
どこか動物園の象とは違う。数が多いのもあるけど生き生きしている気がする。
 f:id:naoki9918:20191101062839j:image
この後カバの群れに も遭遇できた。
彼らはすぐ潜ってしまうので何度か見れたけれど捉えるのが難しかった。
 
船も距離を慎重に計りながら近づいていた。
たまに口を大きく開けるのは迫力がある。
 
少し遠いけどこれがベストショット。
f:id:naoki9918:20191101062857j:image
一眼レフがあればもっとズームできるのだが…iPhoneでずっと頑張ってきたけれどここにきてやはりカメラが欲しくなる。
他の参加者は大砲みたいなごっついレンズを持っていた。何万円するんだろう…
 
水上サファリのクライマックスはサンセット。
3時からの部に参加するとこれがみられるのでオススメだ。
 
水平線に沈みゆく夕日は僕が地球で生きているという当たり前のことを改めて実感させてくれた。
 
f:id:naoki9918:20191101062920j:image
 
翌朝5時半、テントの浅い眠りから覚めてホテルのレセプションへ。
迎えの車に乗ってゲームドライブに参加する。
 
車はこんな感じ。
 
f:id:naoki9918:20191101062941j:image
窓もないしよく動物が見えるだろう。何よりイメージ通りのサファリカーでテンションが上がる。
ちなみにトヨタ車だった。ザンビアボツワナもほとんどの車がトヨタだ、すごい。
 
 
早速インパラがお出迎え。
珍しそうに我々をみている。つぶらな瞳がかわいい。
 f:id:naoki9918:20191101063257j:image
 
ジャッカルも見えたがかなり遠くて双眼鏡で姿を確認できただけだった。それでもかなり珍しいみたいでツイている。
 
しばらく走るとお目当てのライオンが登場。
なんと象を捕食していた。雌ライオンが足を食いちぎろうと引っ張っている。
木陰に隠れているが、背中側には雄ライオンがいて肉を食らっていた。
 f:id:naoki9918:20191101063357j:image
昨日見た雄大な象の群れから一転して無残に食べられる姿。弱肉強食だ。
 
この象は比較的大きかったが、大抵狙われるのは子供。
 
この後食べ切られた死体もいくつか見た。
 
 f:id:naoki9918:20191101063440j:image
途中で休憩。コーヒーとスコーンが振舞われる。
自然の中の一服はすごく気持ちがいい。他の参加者と談笑したり、写真を撮りあったりして楽しいひと時を過ごせた。
 f:id:naoki9918:20191101063528j:image
f:id:naoki9918:20191101063537j:image
 
休憩も終わり、違う道を通って帰る。
 
早速こどもの象に遭遇。
f:id:naoki9918:20191101063601j:image
警戒することなく近づいてくる。
一緒に写真を撮ることができた。
 
この場所のすぐ近くで象の死体を見たばかりだったので、参加者みんなライオンに見つからずに親元に帰ってくれよと祈っていた。
 
 
 
スタックしている車を牽引したり、
 f:id:naoki9918:20191101063610j:image
キリンの群れに遭遇したり、(食事中にお邪魔しました。)
 f:id:naoki9918:20191101063631j:image
イノシシを見てツアー終了。
 
f:id:naoki9918:20191101063652j:image
 
ガイド曰くこれだけ色々見れるのはツイてるらしい。
 
コスパ抜群で大満足だった。
 
 
宿に戻り急いでテントをたたんで、次に向かうはナミビア
 
ナミビアは公共交通機関がなく、移動が難しい。
ボツワナからナミビアの移動も、朝10時までにイミグレーションオフィスの近くに止まっている乗合バンに乗るしかない。
 
これを逃すとかなり高い交通手段しか用意されていない。あまり計画していない割に順調に進んでいる。
f:id:naoki9918:20191101063711j:image
一人100プラだったかな。ナミビアのカティマムリロという街まで運んでくれる。バッグは車両の後ろの車輪のついた荷台に乗せられる。
f:id:naoki9918:20191101063725j:image
イミグレを済ませてナミビア入国!
 
f:id:naoki9918:20191101063739j:image
ナミビアを最安値で旅する手段はレンタカーだ。
多くのバックパッカーは首都のウィントフックまで行き、そこで仲間を募る。
 
僕らは今三人で行動している。友人の友人が二人レンタカー仲間を探しているとの情報を得て連絡を取り、ウィントフックに行く前に日本人五人でのレンタカー旅が決定した。
 
これはかなりついている。大抵は準備に追われたり人が集まらない、プランが合わないなどで苦労することが多いのだ。
 
カティマムリロからウィントフックまで夜行バスで向かう。350ナミビアドル(¥3,000くらい)
 
 
朝5時過ぎ、バスターミナルに到着。合流予定の二人がいるカメレオンバックパッカーズまでタクシーで一人20ナミビアドル。
 
超都会で綺麗なウィントフック
レセプションの開く7時まで待合スペースで待つ。
 
お二人と合流。明日の朝から五人のレンタカー旅の出発だ!
 
チェックインを済ませて準備を始めよう。

【ボツワナ①】オンボロ渡し船、40円で国境越え!?チョベの格安サファリを求めて

リアルタイムはアフリカの南の端っこ、喜望峰

"喜望峰"のワードにロマンが詰まっていると言っても過言ではない。

 

タクシーを乗合してなんとか安く行こうともがきました。飛行機はその日の午後四時に出発...汗

 

弾丸のアフリカ縦断は濃密で少し燃え尽きかけていますが、南米がまた滾らせてくれることでしょう。

 

ブログランキングに参加しています。

下の画像をクリックしていただいてから読み進めてください!

ランキングにつながり励みになります!

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

南米旅に向けてpolcaを作成しています。南米では6,000m越えの山に挑戦したり、氷河やウユニ、マチュピチュなど魅力的な場所がたくさん待ち構えています。これらを経験してブログにするためにぜひご支援お願いします!

下からページに飛べます!

↓↓

t.co

 

 
 
 
ザンビアはリビングストンから、次に向かうはボツワナのカサネ。ここにあるチョベ国立公園が目的地だ。ここではアフリカ大陸トップクラスの安価でサファリを楽しむことができる。
 
ザンビアボツワナの国境は川で隔てられている。
その河川の境目はナミビアジンバブエの国境とも隣接しているため四カ国の国境が一点で交わっているような珍しい場所だ。

f:id:naoki9918:20191025052036p:plain

このカサネという町が目的地

 
リビングストンでボツワナ国境行きのタクシーを探す。乗合バスがあるとブログで読んだが、結局見つからず。タクシーをシェアすることに。
 
探してみるとブログの乗合バス料金と大差のない一人当たり50クワチャ(約400円)で運んでくれるタクシーが見つかった。
 
猛スピードで国境へ向けて進む。到着したその日のうちに水上サファリに参加したい。現地オフィスに一時までに申し込む必要があったのだ。
 
 
午前10時ごろザンビア側ボーダーに到着。
ここでわらわらとローカルが近づいてくる。両替をしてくれるようだが、まずはイミグレの手続きを済ませて来いとのこと。
 
ボーダーで両替ができるという情報は調べていたので予想通り。
だが彼らのレートが非常に悪かった。
 
クワチャボツワナの通貨プラの価値はいぷらで1.2クワチャだ。
だが彼らはクワチャを1.5で割るレートを提示してきた。
120クワチャで本来100プラもらえるのが、80プラになる感じ。
 
僕はそんなに多くの額を持っていなかったからよかったものの、一人は数千円分をそのレートで変えざるをえず結構損していた。
 
事前に銀行等で両替しておくことをお勧めする。
 
そんな一悶着があったものの、とりあえずボリビアの入国をしなくてはならない。
 
f:id:naoki9918:20191101062114j:image
ここで先に述べた川がやってくる。これをこのボロい渡し船に車と一緒に立ち乗りしていく。
 
チケットは5クワチャ。しっかりその分の小銭を残しておこう。
 
渡ってからしばらく歩くとボーダーだ。ここから先の国はvisaが不要。貴重なUSDを取られることはない…所持しているUSDが尽きかけていたので一安心だ。
 
国境を渡ってからカサネの街まではまた距離があるのでタクシーに乗るしかない。
ボツワナは治安の非常にいい国で経済も良好。
 
国境越え恒例の強烈なタクシー客引きは一切なし。
事前情報通り優等生な国なんだな...そう思って停まっていた車に、宿まで行ってくれというと想定の3倍以上の値段を言われた。
 
面食らっているともう一台タクシーがやってきた。結局そのタクシーに乗った。一人当たり50プラ(500円しないくらい)。
 
 
でもこの国で対人関係でうーんと思ったのはこの瞬間だけ。みんな優しいし余裕がある。
 
今回の宿はアフリカ縦断をする旅人には有名な、チョベサファリロッジ。
f:id:naoki9918:20191101062211j:image
こちらなんと四つ星ホテル。多分一泊1万円はくだらない。
 
レセプション今までに見たことのない綺麗さだし、美味しいウェルカムドリンクまで来た。
 
もちろん貧乏バックパッカーの僕が泊まれる筈もない。キャンプサイトでテント泊をするのだ。ここのためにリビングストンでテントを買ったと言っても過言ではない。
 
テントだと一泊105プラ、部屋だと一万円だから相当安くなる。
この差額だけで元が余裕で取れるというわけ(まあこういう理由がないとそもそも来ないけどw)
 
僕らの身なりで一目でわかったのか、部屋に泊まるかとか一切聞かれずテントだよねという暗黙の了解で話が進んだのは面白かった。
 
くそう、将来はリッチに泊まってやるんだからな...
 
 
テントサイトまで歩く。敷地が広い…
早速テントを立てる。久しぶりのテント設営だ。
 
 
今日の寝床が完成。これからテント泊をすることは少なくないだろう。
f:id:naoki9918:20191101062254j:image
他にもテントを立てている人たちはいるものの、僕らのよりはるかに立派でキャンピングカーまで停まっている…
 
 
サファリの申し込みをしにいく。
このチョベサファリロッジでも申し込みはできるのだが、行きのタクシーでツアー会社の建物を見つけていたので直接そっちにいくことにした。
 
多分宿を介さない分安いんじゃないだろうか...とことんこの宿に金を落とさない悪い客だ。
 
 
歩くこと十数分、オフィスに到着。
f:id:naoki9918:20191101062311j:image
3時からの水上サファリに三人で申し込めた。僕は翌朝のゲームドライブにも参加したかったのでそちらも申し込みした。(二人はケニアでサファリ済なのでしな買った)
 
水陸両方のサファリに参加で合計580プラ(¥6,000以下)の破格だ。(水上260,ゲームドライブ320)
 
2時半にSPAR(チェーン展開してるスーパーマーケット。アフリカはかなりお世話になった)の裏に集合とのこと。
 
ちょうど僕らもSPARでお昼を買おうと思っていたので都合がいい。
 
 
ここのSPARにはお肉を直接焼いて提供してくれるBBQコーナーがある。
Tボーンステーキを注文。ウガリのようなものもセットでついてきて二百円代だったかな...とにかくめちゃくちゃ安い。
f:id:naoki9918:20191101062328j:image
前にザンビーフを食べたけれど、ボツワナビーフの圧勝である。めっちゃうまい。(ザンビーフの調理を間違えた感は否めないが)
 
 
カサネは宿代がもう少し安ければ本当にずっといたい場所だった。毎日このステーキ食べて、チョベリバーを眺めながらまったり過ごしたい…
 
 
3時前に船に乗り込み出発を待つ。
インディジョーンズっぽい、短パンにハットの白人のおじさんが乗ってくる。
 
やっぱりここはお金持ちの集まる場所なんだろうなぁ。
 
3時過ぎ、いざクルーズへ出発。
3時間の船旅だ。