国志夢走

Visionを描き、自身の仕事や人生に誇りを持った人であふれ返る国をつくりたい。「みんながプロフェッショナルに出演できる」そんな社会が理想です。

MENSA会員になるには

今回の記事では、MENSA会員になるまでの過程となったらどんなことがあるのかについて実際に合格して会員となった筆者が書きます

 

 

 

 

そもそもMENSAとは

基本的にはジャパンメンサの公式HPを見ていただければと思います

mensa.jp

 

簡単にいうと

  • 1946年にイギリスで創設
  • 高IQがメンバーになる条件(全人口の上位2%,IQ130ほど?)
  • 政治的に中立で人種や宗教の違いから完全に自由な集まりをつくるためにつくられた

 などがあります

 

100ヶ国以上で13万人を超える会員がいて、日本には約3,500人いるそうです

僕の所属していた学生団体と似ている...

 

MENSAラテン語でテーブルという意味があるそうで、平等に卓に着くことを意味しているのだと思います

 

MENSAは受験申し込みまでが一次試験

MENSAに加入するには年に複数回行われている入会テストに合格する必要があります

そのテスト日程は以下のリンクから確認することができます

mensa.jp

 

このテストに申し込むことがとても難しいのです...

 

まず自分の住んでいる地域によって、受験できる会場が絞られます

なので、仮に京都に在住していて東京の会場で試験申し込みができるとなっても受験することはできないのです

 

上のリンクを開いてみると、おそらくどこの会場も満員になっていることでしょう

昨今のメディア露出により受験者は増えているのだと思います

 

僕は約二ヶ月間、毎日このリンクをチェックして受験できるタイミングが来ないか見守っていました笑(執念が入ります)

 

これまで説明した通りの難しさから、受験するまでが一次試験と言われたりもします

 

 

受験において注意すること

受験料は一万円で、指定の口座に振り込む必要があります

他にも、生涯に三回までしか受験できないというルールもあります

 

遅刻は厳禁であること、試験の問題をはじめ試験会場の雰囲気などを外部に発信してはならないなどのルールもあります

 

このブログでもどんな問題が出たなどの内容はお伝えできません 

 

対策をするとかではなく、自頭が大きく反映されるのがIQだと思うので体調を整えるなどしてのぞむ以外には特に事前にすべきことはないのではないでしょうか

 

このノリで先日アタック25の予選会に臨むと痛い目を見ましたが...w

 

 

会員になるとどんないいことがあるのか

会員になることで会員限定の集まりに参加できる、とか世界の会員との交流ができる可能性があるなどといったものが挙げられます

 

ですが私はどちらも使ったことがないので、活用できる人はできるのでしょうがなかなか難しいのが現実だと思います

 

このようにブログに書くことができたり、話のネタにできるといったことはあるのかなとは思いますが何としても入るべきだとは現時点では思いません(集まりに参加したりしてから意見は変わる可能性があります)

 

会員で有名人といえばロザンの宇治原さんや脳科学者の茂木健一郎さんなどが挙げられますが、交流ができるとかは特にはないです

 

 

最後に

私は純粋に面白そうで試してみたいという好奇心から受験しました

 

受験申し込みするまでが大変だよってことや受験料等お金が一定かかること

合格してもコミュニティを活用できるかは人次第であること

 

これらを理解した上で、挑戦してみたいという方は受験してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

もしよろしければクリックで投票お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村